2018年5月25日金曜日

うめえ塾海外強化合宿 in 台湾 4日目 20180430 九份~台中 byコンデジWG-50



前の日、夜景を見た展望台で
朝ビールとおにぎりで朝食とした。

説明を追加

人がいないひっそりとした九份のメインストリートにて自撮り
これまたいいもんです。


宿には朝に軽食がつきました。
台湾によくあるお粥、ちぢみみたいの、ホットケーキみたいの。
あとは、コーヒーを飲みました。

わずか一泊でしたが、
中国福建省からの美少女や、
横浜から来たという1週間で台湾1週鉄道の旅をするという青年とも
登山の話ができたり、
黄昏時から夜のピークタイム、早朝の静けさと、
ゆっくりじっくり過ごせた九份でした!!!

九份から瑞芳駅まで戻り、今度は台中を目指す。

説明を追加

説明を追加

台湾は4/30は祝日ではないのか?
列車はとても空いていて快適

説明を追加

説明を追加

説明を追加

説明を追加

説明を追加


台湾鉄道、南港駅に到着

駅の近くにあった食堂でまた麺。


説明を追加

酸辣湯(サンラータン)の様な辛酸っぱいスープに
きしめんみたいなの。
なかなかうましでした。

空いていたので、自撮りした。

ここから高鐵車(新幹線)で台中へ

自由席で725元(2700円位)

説明を追加

説明を追加





始発駅だったので、がらがらでしたが、
台北や桃園で混んできたので、指定席にしてよかった。




車掌


ジュースなどの売り子

ゴミ回収係もいて良いです。

南へ下ると田園が増えてきた。

時速287km 、このアプリ面白いですね

説明を追加

指定席は750NT$(約2760円)

美人の車掌さんの写真を撮らせていただいた。
とっさに英語で話しかけたけど、
すぐに英語で反応してくれました。流石です!!!

車掌さんもすかさず、
「Shall I take your picture?」(と言ったかな)



新幹線駅には日本の食堂で侵されていた

説明を追加

説明を追加

説明を追加

説明を追加

説明を追加

九份よりも、さらに暑い・・・・
九份は28℃位だったけど、こちらは、午前中で既に30℃いっていた

説明を追加

説明を追加

説明を追加

再び台鐵に乗り換えて、
新烏日から台中へ行きます。

説明を追加


稲の緑が綺麗です。


臺中(台中)についた。



新駅舎は高架駅になったようだ。これは裏口みたいなの。

説明を追加

新駅舎建築中でこれは、古いホーム
日本の古い駅に似ていますね。


古い改札口

古い切符売り場

説明を追加

説明を追加

説明を追加

説明を追加

説明を追加

台中の旧駅舎正面入口付近

説明を追加

建設中の台中駅。これまたばかでかい!!

説明を追加

説明を追加



宮原眼科。日本の統治時代に眼科だったが、
今はスイーツの有名店。


説明を追加

説明を追加

良いゲストハウスでした。

https://www.booking.com/hotel/tw/kiwi-express-hotel-taichung-station.ja.html

Kiwi Express Hotel-Taichung Station II

今回の旅で飲んで見たかったマンゴジュース
冷凍のマンゴでしたが、美味しかったです。
何より、台北より気温が高く、また旅が3日目で
やや疲れてきていたので。
氷や砂糖の量を調整できます。

上のフィルムに太めのストローをぶすっとさして

電気の部品屋


台中電子街






説明を追加

婦人服売り場が並ぶ。
290NT$=約1067円

説明を追加

お祭りがあるようだ

説明を追加

素食=野菜料理のこと。

この日は、やや年老いた娼婦があちこちに立っていた
たちんぼってやつかな。ちょっとした裏の街かとおもう。

説明を追加

漢方薬の店
両親に心臓の薬を買おうと思い、聞いてみたが、
嘘か本当かないと言われた

説明を追加

説明を追加


バスターミナル。できたばかりの感じ。
駅も建設中で台中の街は転換期のようだ









説明を追加

駅のすぐ横だが、再開発でおそらく消えてしまうのだろう。
でも、これが本来の台中の姿なんだろう。
ネットの口コミを見ても、
台北市内も、どんどんと昔の台湾らしい面影がなくなっていくと書かれていた。

説明を追加

台中駅のすぐそばに川が流れていて、
公園が整備されていて、市民の憩いの場になっている。

ワイドタイプの部屋で足元にザックを置けたのが良かった

説明を追加

説明を追加

説明を追加

すさまじい交通量と騒音の中での飯だが、
何故かこれはこれで、この活気みたいのが心地よかった。


台湾では、飲み物は、ここから自分で取って飲みます。

説明を追加


説明を追加



久し振りの日本のご飯らしきもの。
無性に食いたくなったのだ。

説明を追加

説明を追加

説明を追加

説明を追加

説明を追加

台鐵で高美湿地へ目指すも・・・・

台鐵は自転車を持ち込めるようだ。
さすがGIANT の国。





高美湿地、最寄りの清水駅に着いたけど、
曇天だし、日も既に暮れているし・・・
諦めて帰りました・・・・

説明を追加

説明を追加

しょうがないから、近くのコンビニで一杯ので帰り、

駅で、高美湿地へ行ってきたという二人の日本人に会い、
色々話を聞かせてもらった。

二人は商社マンで、ベトナムとマレーシア?に住んでいて、
会社は違うけど日本での友達らしく、
待ち合わせて、高美湿地へ来たらしい。

台湾観光や、東南アジアの観光、社会情勢など
色々話をして楽しかった。

彼らは、新幹線で台北へ戻っていった。

説明を追加


説明を追加


説明を追加

台湾では、脚が不自由な人がこんな感じで
車椅子に乗って物売りをしていた。

説明を追加


雙鳳小吃店

https://goo.gl/maps/owVCpVjTihk

説明を追加

説明を追加

混沌みたいな漢字でワンタン
湯=スープを意味する。

ワンタンスープ 35元=128円

説明を追加

ホテルへ戻る

説明を追加

選択して、シャワーを浴びて寝た。